所在地 神奈川県小田原市中里 208
(ダイドーリミテッド小田原工場 跡)
運営会社 (株)ダイドーフォワード

SC開業30周年へ。

今までも、そしてこれからも地域の皆様とともに・・・

県西エリア最大級のショッピングモール

神奈川県小田原市にあった大同毛織株式会社の工場跡地に1993年、ダイドープラザ(現ダイナシティEAST)として誕生。2000年にダイナシティWEST開業。2002年にEASTとWESTをつなぐWALKにシネマコンプレックスを開業し、神奈川県西エリア最大級のショッピングセンターとして、皆様に親しまれてきました。総営業面積70,000㎡超、総駐車台数4,000台のスケールを有し、約200店舗のテナントの皆様と共に小田原エリアを中心に広域からのお客様をお迎えしています。


三世代がつながる施設へ

シニアからミレニアルまで、幅広い世代から支持され、30年という月日の中で三世代がショッピングする施設へと成長しました。2013年のEASTリニューアル、2016年・2018年のWESTリニューアルでは、デイリーユーザーの利便性向上のため、食品フロアの刷新や大型アパレルショップの出店など、大幅にフロア構成に手を入れハード面を強化しました。そして、2022年にはより地域のお客様に寄り添うショッピングセンターを目指して、EASTのリニューアルを予定しています。


地域密着をさらに強化

地域インフラの役割についても行政と積極的に取り組んでいます。災害時臨時ヘリポートの設置、河川の氾濫・道路冠水による被害の拡大を防止するための調整池の設置の他、昨今多発している大型台風やゲリラ豪雨等の避難先として活用していただくため、「風水害発生時の自家用車車中における一時避難施設としての使用に関する協定書」を2020年7月20日に小田原市と結んでいます。今後も地域に無くてはならないショッピングセンターとして貢献できるよう尽力してまいります。