ニッケコルトンプラザ

ニッケコルトンプラザ

NIKKE COL TONPLAZA

豊かな時を紡ぐ地域共生型SC
地元市川の地域とともに歩み35年

ABOUT

かつて東洋一の規模を誇った日本毛織の中山工場跡地にニッケコルトンプラザは1988年に開業しました。モノやサービスを提供するだけではなく、地域コミュニティ―に貢献できる地元密着型の商業空間を目指すというコンセプトは今も貫いています。

図書館などの公共施設が隣接し、敷地内にはグループ会社運営の介護付有料老人ホームやバイリンガル幼児園も併設。

2022年10月にはリニューアルを実施し、2023年に開業35年目を迎えます。

外観写真

DATA

所在地

千葉県市川市鬼高1丁目1番1号

敷地面積

約142,200㎡

延床面積

約129,000㎡

店舗数

150店舗

駐車場

約2,500台

建物規模

地上4階(一部1・2・3階)

運営会社 ニッケ・タウンパートナーズ株式会社
コルトンプラザのウェブサイトへ

TOPICS

開業から35年。今も変わらぬ 地域密着

2019年にオープンした別棟ツムグテラスは、地域密着型SCとしてバイリンガル幼児園を誘致するという今までのSCにはない新たな取り組みにチャレンジしました。1階が飲食・物販店舗、2階が中庭のある幼児園で子育て世代を中心としたコミュニティの憩いの場になっていることから、第26回千葉県建築文化賞・第13回市川市景観賞を受賞致しました。

毎年10月に開催している恒例行事の野外クラフト展「工房からの風」は2022年度で第20回目を迎え、多くのお客様に楽しんでいただきました。2016年には「メセナアワード2016」大賞受賞、2017年度には「グットデザイン賞」(地域・コミュニティづくり/社会貢献活動部門カテゴリー)を受賞し、地域共生に取り組んでいます。

2020年度 第23回ディベロッパー大賞「特別賞」を受賞

1988年の開業以来、人と地域にやさしくあったかいショッピングセンターづくりを一貫して推進しており、開業当時より開催している「コルトン盆踊り」や、地域参画型絵本イベント「絵本パラダイス」、地域住民の一芸発表の場、交流の場として育まれてきた「コルフェス」などが評価され3年連続4度目の受賞を果たしました。

コロナ禍においては、これまでリアルで行ってきた販促・イベントをwebに置き換え、密を回避したワークショップ、オンラインでの各種発表会などwebとリアルを融合させながらお客様との関係づくりを強めてきました。  

2022年10月、より豊かな空間を目指しリニューアル

2022年10月、コルトンプラザは「もっと素敵でもっと豊か、新しい出会い空間」をコンセプトに、自分らしく暮らしそのものを楽しむお客様に向けて、心が満たされる豊かな空間へとリニューアルいたしました。2階一部エリアでは共用部の改修(区画の再編)を実施し、より快適にショップ巡りをお楽しみいただけるようにしました。2階では、食の充実と日常生活の利便性の向上のため、グロサリーのKINOKUNIYA entréeや雑貨ショップのLOFT、AZUR BY MOUSSYなどのファッションアパレル店舗が、3階には新たな書店として有隣堂がオープンしました。

既存店に関しても約20店舗以上が移転・改装を実施し、これまで以上にお客様のニーズにお応えした、思い思いの時間をお過ごしいただける空間へと一新しました。

施設内パース画像